身近な歯科治療|芸能人のような歯に| 矯正歯科で第一印象を良くする
医者

芸能人のような歯に| 矯正歯科で第一印象を良くする

身近な歯科治療

歯科

歯科の治療で多いもの

多くの人が通った経験のある歯科医院。近年歯に対する意識が高まったことから予防としてクリーニングに通う人も多いですが、ほとんどの人が虫歯の治療で通ったことがあるでしょう。虫歯の治療というと一般的には虫歯を削ってプラスチックや銀歯を詰めるというイメージが多いですが、実は特に多いのが根管治療なのです。根管治療とは、虫歯が大きくなり神経まで達してしまうと神経を取らないと痛みが引かなくなるため、神経の入っている根管内を器具で神経と細菌や汚れをとって薬を入れてかぶせる処置です。この治療が多い理由として、一度歯を削るとどんなに精密に治療をしたとしても被せ物と歯のミクロの隙間から細菌が入り、内部の柔らかく組織で虫歯が大きく進行して神経まで到達し、根管治療が必要になるからです。

歯を長持ちさせるために

根管治療=神経を取るということです。しかし必要な処置なのですが歯は神経を取ることで血が廻らなくなり弱くなったり緻密な根管内をどんなに精密な治療をしても、汚れや細菌を100%なくすことはできず、再発してしまうことが多いです。そして再度治療すると歯を削るため何度も再治療をすると歯を失うことにつながっていきます。出来るだけ再治療を少なくするには良い歯科医を選ぶことが大切です。根管治療は細かい治療なので、毎回30分はしっかり時間を取ってくれるところ、細部まで見えるよう拡大鏡を使っているところなど選べるといいでしょう。また根管治療を専門とする歯科医の下で治療が出来るとものによっては自費治療での根管治療をするのもひとつです。根管治療は3回で終わることもあれば10回以上かかることも珍しくありません。治療自体は数回で痛みがひくことが多いので、途中で通うのをやめてしまう人もいます。しかし中断することで悪化し抜歯しなくてはいけなくなることもあるので、自分と合う信頼できる歯科医の下で最後まで治療できるといいでしょう。